Every day to learn about beauty.

menu

美容な、まいにち。

日焼け止めSPFとPAの意味や違いは?選び方や塗り方のコツも調べてみた!

日焼け止め
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

もう日焼け止めが欠かせない季節になりました!

毎回日焼け止めを買う時に気になるのが、SPF と PA というワードです!

どちらも数値が高い方が日焼けしにくいというのは知っているのですが

だったら何故低い数値も売っているんだろうと不思議に思ったので、

SPF と PA について調べてみました(^-^)

スポンサードリンク

 

日焼け止め

 

SPF とは?

まずはSPFについて。

SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、

日焼けの時、皮膚が赤くなる原因の紫外線B波(UV-B)の防止効果を表す数値です。

商品にはSPF30SPF50などと表記され、数値が高いほど効果が大きくなります。

※紫外線B波はシミやそばかすの原因になります。

 

しかし高ければいいって問題でもなく、日常生活はSPF30

屋外でのかるいスポーツはSPF40マリンスポーツはSPF50など、目的にあった目安があります。

 

つまり、日常生活でSPF50を使うのは数値が高すぎなので

皮膚に刺激を与えてしまい、お肌を痛めてしまう可能性があります(^_^;)

ついSPF50を選びがちですが、毎日の通勤程度ならSPF30で充分ですね!

 

スポンサードリンク

 

PA とは?

そして次はPAについて。

PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、

日焼けの時、皮膚が黒くなる原因の紫外線A波(UV-A)の防止効果を表す数値です。

商品にはPA+、PA+++などと表記され、+が多いほど効果は高いです。

※紫外線A波はシミやシワの原因になります。

 

こちらもSPFと同じで目的にあった数値のものを選ぶと良いですね!

 

 

通勤のみの場合は、数値が高いものを使うより

目的にあった数値のものをこまめに塗った方が皮膚にやさしく

紫外線をカットできるんですね~^^

 

 

効果的な塗り方

塗り方を少し工夫するだけで、日焼け止めの効果をより持続させることも可能です!

それはちゃんと日焼け止めクリームが毛穴に入るように塗っていくことです。

腕の場合は、掌から肘にかけてラインを引くようにクリームをだします。

それをラインと平行に伸ばすのではなく、

腕をつかんで雑巾をしぼる時のようにジグザグ伸ばしていきます。

そうすることによって、ちゃんと毛穴に入り効果が持続します(^-^)

 

またお肌への刺激を少しでも減らしたいという方は

日焼け止めを塗る前に乳液を塗ることで少し刺激を抑えることができます^^

 

 

おわりに

紫外線は1年で5月が一番強くて、6月が一番多いみたいです(゜o゜)

まだ涼しさが残る5、6月なのでこれを聞いたときは驚きでした(^_^;)

まだ塗っていない方は自分に合ったSPF と PAを考えて、急いで塗ってくださいね!笑

元美容師目線でおすすめの情報

早く・美しく髪を伸ばしたいあなたに...

早く髪を伸ばしたい...でもそんなの無理...そんな風に思っていませんか?実は、有効成分を含んだシャンプー&トリートメントを使用することで、希望を叶えることも無理じゃないんです!しかも、アスロングであれば「美しさ」にもこだわることが出来ます。素直におすすめです。

100%ノンシリコンのオーガニックシャンプー&トリートメント『アスロング』

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク ads by 忍者AdMax

カテゴリー

スポンサードリンク